News&YouTube

BIS国際決済銀行主催のフォーラムでのスピーチ【フィリップ・ロウ】

フィリップ・ロウ総裁

5月25日 BIS国際決済銀行主催のフォーラムでのスピーチ

私たちは、1930年代以来。最大かつ最も突然の経済収縮の中、生きています。

以前の収縮とは異なり、これは金融イベントやマクロ経済政策によって引き起こされているのではありません。

むしろ、それはパンデミックを封じ込めるという社会の努力の結果です。

先週、私たちはこれらの努力に非常に人的コストがかかる事がわかりました。

4月には60万人近くの仕事が失われ(ウィルスの影響で営業出来ない職種って事かな?)、0時間労働で75万人を超えるオーストラリア人が失業しました。

全体として、オーストラリアで働いていた労働者の就業時間の合計時間は、4月に前例がない9%まで減少しました。

4月の労働力調査の日付以降の労働市場データは、5月の労働時間のさらなる減少を示唆していますが、減少は4月ほどではないようです。

3月中旬のパッケージが期待どおりに機能しており、回復に必要な橋を架けるのに役立っているということです。

その回復の形とタイミングは、規制が解除される時期だけでなく、オーストラリア人が自分の健康と財政について持っている信頼にも依存します。

国民の健康への影響が以前に恐れられていたよりも良いので、以前のように景気後退は深刻ではない可能性があります。

多くの場合、信頼を回復できる速さに依存します。

しかし、回復が進んでも、パンデミックの影がまだ残っています。

国として、私たちはこの影から抜け出す方法について心を向ける必要があります。

オーストラリアをビジネスの拡大、投資、革新、採用に最適な場所にする改革の議題は確かに役立つでしょう。

部分的には、RBAは完全雇用に向けた進展が見られるまで拡張的な設定を維持し、インフレは持続的に2〜3%の目標範囲内にあると確信しています。

豪ドル 重要人物の要人発言豪ドルが200日のSMAやEMAを抜けた時に起きた事を説明。...
為替トレーダー
ポンドライオン
趣味はロードバイク、為替、ゲームです。好きな言葉は『今日がいい日になると思えば今日はきっといい日になる』です。