為替手帳【雑記】

リーマンショック

巷ではドイツ銀行が原因でそろそろ次の金融危機を迎えるのでは?

はたまた、トランプ大統領の弾劾

(現職の大統領は刑事訴追されませんが…)

に対する何らかの動きが引き金で市場は大暴落を引き起こすのでは?

もしくは…イギリスのブレグジットが合意なき離脱になり大暴落を引き起こすなど…と誠しやかな情報が色々流れてきましたね。今から約11年前…全世界を襲った「世界金融危機 」

アメリカの大手証券会社リーマンブラザーズの破綻によってドミノ倒し的に起こった金融危機です。

もう一つの呼び名は主に日本で使用され、馴染み深い人も多いのではないでしょうか?

「リーマンショック」です。

もう2008年の出来事ですから…今から丁度、11年前になります。

当時、テレビでよく報道され…何かアメリカの大手証券会社が、サブプライムローンをキッカケに破綻し、金融業界に連鎖的に被害が拡大していき…世界的な金融危機というものになっていると…

サブプライムローンとは社会的に信用力があまり高くない人達(所得が低い人たちなど)に住宅ローンを貸しましょうという仕組みです。

住宅ローンを貸した会社には債権(貸したお金を返してもらう)という権利があたえられます。そして、債券を所持している会社は、その債権をリスク分散させるために証券会社に売ります。

債権を売った会社には、証券会社からお金が入ります。そのお金をまた信用力の低い人達に貸します。

何故、リーマンブラザーズがそのようなものを買ったのかと言うと…さらに…リーマンブラザーズはその債権を証券という商品にして色んな人に売ります。

要はリスクを分散させたのです。

その他に、サブプライムローンに手を出した理由として、金利が高いからということも理由にあったようです。

そういうことをしているうちに住宅バブルがはじけて問題が起こったということです。

ホントとんでもない話ですね。(;^ω^)

当時まさか…その時使っていた。日本円の価値と関係しているなど、夢にも思いませんでしたし、日本円の価格が外部的な要因でここまで急変動する事も知りませんでした。

私たちが一番馴染み深い基軸通貨のアメリカドルと日本円の組み合わせであるドル円だと、2008年の9月に最高値109,170円をつけて

一ヶ月後の10月に最低値90,850円を付けています。「約20円」 円高になっています。_:(´ཀ`」 ∠):日本は輸出で儲けている企業が多いので、大打撃です。

ですが…円高は円の価値が上がる事なので…海外旅行に安く行けたり、海外の物を安く買うなどの事が出来るようなります。

一般に円高は、マイナスのイメージが結構ついてますが…こういうプラスの事もあると覚えておくといいと思います。

ここでは、このショックが世界の為替市場、日本にどんな影響を与えたのかを振り返っていきたいと思います。

リーマンブラザーズは投資銀行の他に株式、債券の販売及び取引で事業を行っていました。1850年の創業から158年以上の金融業務、投資銀行、投資管理の歴史がありました。

リーマンショックが為替市場や世界の株式市場に与えた影響

2008年9月15日に米国第4位の金融サービス会社(大きい順にゴールドマンサックス・モルガンスタンレー・メリルリンチ・リーマンブラザーズの順)のリーマンブラザーズがサブプライム住宅ローン危機、株式の大きな損失、信用格付け機関による資産の切り下げが続いて信頼の損失をして、最後には破綻しました。

リーマンの破産申請は米国史上最大です。このショックにより世界の為替市場では急激な円高が起こり、クロス円は軒並み急落しました。

例えば私が好きなポンド円は2008年の9月に最高値197.420円を付け、一か月後の最安値は驚愕の138.960円、凄まじい円高になっています。

日本人が好きな豪ドル円は9月に最高値93.190円をつけ、一か月後に最安値54.950円をつけ、これまた激しい円高を記録。

意外に人気のあるユーロ円も9月に最高値159.610円をつけ、一か月後の最安値は113.580円を付けています。改めて確認すると本当に凄い変動幅ですね。(‘ω’)

世界の株式市場でも同年9月29日にNYダウが米下院の金融安定化法案否決で778.68ドル安引け、当時、過去最大の下げ幅を記録。

約一か月後の10月28日に日経平均株価は7000円を割れ、バブル崩壊後の最安値をつけています。

アイスランドが金融非常事態宣言出したり…

FRB、ECB、英中銀、カナダ中銀、スイス中銀、スウェーデン中銀が協調して緊急利下げなど…世界の各市場は大混乱に陥りました。

 

それから数年かけて各国の金融緩和により世界は少しずつ景気を回復していきます。

ちなみに豆知識で、2009年1月20日にバラク・オバマさんがアメリカの大統領に正式就任しています。金融危機の数か月後ですね。凄い大変な時期だったんですね。

今回、皆さんに少しでも金融危機の時にこんなことがあったんだな…と伝われば大成功。╭( ・ㅂ・)و

こんな感じでゆるーくこの先も更新していこうかな…と思います。

積極財政。緊縮財政。お金の仕組みや真実について考えた記事...
自然界やFXにおけるフィボナッチ不思議なフィボナッチの発祥について、FXにおける使い方...
コロナ日米株式バブルhttps://mimu-pound-lion.info/3021.html 中央銀行の緩和による株高バブルが3か月程続く日米の株式市...

皆さんがまた見に来てくれると、とてもうれしいです。ではまた(‘ω’)ノ

ブログで使っている画像は主にフリー写真素材ぱくたそさんから拝借してます。

 

 



当ブログサイトは管理人ポンドライオン自身による外国為替証拠金取引(FX)の記載・記録を目的としており、同様の取引その他の投資行動を勧誘・助言する目的で記載されているものではありません。投資商品、売買価格決定等の投資行動につきましては、ご自身の判断と責任に基づいて行われるようお願いいたします。

為替トレーダー
ポンドライオン
趣味はロードバイク、為替、ゲームです。好きな言葉は『今日がいい日になると思えば今日はきっといい日になる』です。